1: 百人の哲学とは

「百人の哲学」は、播磨地域で活動されている方をゲストにお招きして人生哲学や経営哲学をインタビュー形式でお伺いする連続セミナーです。

 

地方都市・姫路にいては、いいセミナーを受講するにも大阪などの大都市に出向くことが多いのが現実。けれども、周りを見渡せば、信念を持って活動されている方、全国的、世界的に見ても先進的な取り組みをされている方など、多くの魅力溢れる方々がいらっしゃいました。

そこでわたしたちは、播磨地域で活動されている方に限定して、みずからの活動や人生をふりかえっていただきながら、人生哲学や経営哲学、生き方のこだわりを聞く、この「哲学トーク」をスタートしました。

ゲストは、大企業の経営者や地域密着の事業者もいれば、地域の課題に取り組む大小の社会活動の実践者もいます。活動の内容もさることながら、みんなそれぞれ、とっても興味深いこだわりをおもちです。わたしたちはインタビューを通して、さまざまな生き方にふれ、影響を受け、明日への活力をいただいています。

約60分の「哲学トーク」は、毎月第4土曜日の23時から、この企画にご賛同いただいた地元コミュニティFM・FM-GENKIにて放送されています。地域限定のコミュニティFMですが、ネットラジオを介せば地域外の方にもお楽しみいただけます。ひとりでも多くのみなさまにお聞きいただき、ゲストの哲学から、ご自分の生き方のヒントを見つけていただければ幸いです。

 

百人の哲学インタビュアー 有元純・長谷川香里

 


 

百人の哲学は、2009年にスタート、メンバーの転職やライフステージの変化に伴い2016年よりしばらくお休みをさせていただいておりましたが、このたび再開の運びとなりました。スタート時からおよそ10年、インタビューをさせていただいているわたしたちにも多くの変化の波が押し寄せましたが、あらためて振り返ると、荒波に溺れそうになったときにこそ、みなさまから聞かせていただいた哲学が思い起こされ、立ち向かう勇気をいただいたという実感があります。

2018年4月、百人の哲学は、第76回から再スタートしました。100回までの残り25回は、より多様化しているライフスタイルにも重点をおいてすすめていきます。この人の話が聞きたい!などリクエストがありましたら、ぜひお知らせください。

 


 

百人の哲学は以下のメンバーの協力のもとですすめております。

百人の哲学委員会:
有元純(NPO法人コムサロン21事務局長)
石堂大輔(姫路市議会議員)
嵯峨山真史(神戸マッチ株式会社代表取締役)
長谷川香里(納屋工房代表)
日暮宏一(ソニー生命保険株式会社姫路支社第3営業所 営業所長)
名倉けい子(NPO法人コムサロン21)
松浦至(元NHKディレクター)
※メンバーの肩書きは立ち上げ時点のものです。